本ページはプロモーションが含まれています (・∀・)

「勝手にふるえてろ」にキュンとしたあの日

概要

勝手にふるえてろとは

綿矢りささんの同名小説を実写化した映画「勝手にふるえてろ」のこと。

松岡茉優さん映画初主演作品。恋愛経験のない主人公のOL・ヨシカが2つの恋に悩み暴走するラブコメディ。

2017年12月23日公開、松岡茉優さん主演の日本映画。
今回は、勝手にふるえてろについて、調べていきたいとおもいます (・∀・)


情報

[作品] 基本データ


\ 公式サイト /
勝手にふるえてろ | Happinet Phantom Studios

監督 大九明子
脚本 大九明子
原作 綿矢りさ
上映 2017年制作 / 日本 / 117分 / G(一般映画) / ラブロマンス・コメディ・ドラマ
出演 松岡茉優、渡辺大知(黒猫チェルシー)、石橋杏奈、北村匠海(DISH//)、古舘寛治、片桐はいり ほか

勝手にふるえてろ」(かってにふるえてろ)は、2017年12月23日に公開された日本映画。
芥川賞作家・綿矢りささんの同名小説(2010年8月30日発売)を、松岡茉優さん主演で実写化したラブコメディ。
ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテインメント。

[紹介] あらすじ

私には彼氏が2人いる── 突然告白してきた暑苦しい同期の「ニ」と中学時代からの片思いの相手「イチ」。
「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ「ニ」との関係に乗り切れないヨシカ。
一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から
中学時代からひきずっていた片思いの相手「イチ」に会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…。
“脳内の片思い”と“リアルな恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない⋯
恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!! 同時進行で進むふたつの恋の行方は?

[資料] 補足データ

  • キャッチコピーは、“この恋、絶滅すべきでしょうか?”
  • 主題歌は、黒猫チェルシーさんの「ベイビーユー」
  • 第30回(2017年)東京国際映画祭「観客賞」受賞作品

備考

ひとりごと


あらすじとか、どんなジャンルの映画なのかも分からず
ただ、松岡茉優ちゃんカワイイ ♡ という思いだけで、観はじめた映画なんですけど
めっちゃおもしろかったです (・∀・)

芥川賞作家・綿矢りささんって名前聞いたことあるなぁぐらいで
なんの期待もなく、観たんですけど、おもしろすぎ (^ω^)

なんかもう松岡茉優ちゃんにぴったりな作品で。カワイイ!!

だけどね。ほんと、最初見たときから
もう「二」のことが気持ち悪くて気持ち悪くて仕方なかったんですよね。
誰やねんこの男。こわいしキモチワルイ (‘A`)、← 失礼

と、思いながらみてましたけど
最終的には、好きになってしまったよね (人´∀`) ♡

不意に恋に落ちてしまいました。キュンとしました。

なんかよく見るとかっこええやん!!
それからずっと、渡辺大知さんを見かけるたび、心の中で応援してしまいます。
この映画の主題歌も歌ってる黒猫チェルシーさんのボーカルだったとは思わなんだ (゚∀゚) 演技上手!!

でもまあ、ヨシカは絶対幸せになれるわ (^ω^) 間違いない
思い出はきれいなままで。
それより「二」の印象が強すぎて、「イチ」が北村匠海さんだったことすっかり忘れてたことにオドロキ (^ω^) 笑

レコメンド

キーワード

  • 娯楽 > 映像
  • 松岡茉優
  • [映画情報] [ラブコメディ]
タイトルとURLをコピーしました